白髪染めシャンプーの口コミ比較ランキング

男女とも30代後半から白髪ケアが必要に

男女とも30代後半になると、白髪を気にする人が増えてきます。株式会社リクルートライフスタイルが実施したインターネット調査では、白髪が気になりだした年齢は、男性で平均37.4歳、女性で平均38.3歳という結果が公開されています。(出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000011414.html)


男女とも、白髪ケアは気になり始めてから2〜3年後に対策を始めていることも分かります。何歳までケアするか、という部分は男女差が大きく、平均で男性は60代後半まで、女性は70代後半までとなっています。


白髪が気になりだした年齢


白髪が気になり始めてから、実際に白髪対策を開始するまでに2〜3年の期間があるのは、最初は白髪を抜くこととか食事による体質改善から始まり、なるべく白髪染めを使いたくないという気持ちが働いていることが考えられます。


とくに女性は、出産のとき一時的に白髪が増えるという経験をした人も多くいるでしょう。体質改善で黒髪に戻る経験をしている人も多いため、加齢による白髪の発生にもまず同じような対策を考えるケースが多いようです。


体質改善による白髪防止は重要ですが、効き目はゆっくりですので、補助的な対策が必要になってきます。『白髪染めシャンプー』は、こうした白髪対策を補助してくれるものとして、近年人気を集めています。

白髪ケアに必要な費用

先のインターネット調査で、白髪染めの頻度と時間、コストについても調査結果が公開されています。男女とも、ヘアサロン利用者は年間約4万円弱、自己処理で約1万5千円程度の費用をかけている、という結果が見えています。


白髪染めの頻度と時間、コスト


白髪染めシャンプーの代表的な製品に、「利尻カラーシャンプー」がありますが、1本200mlで定価3,500円(税抜き)となっています。200mlは、毎日5ml使用する計算だと約40日分の量です。


「利尻カラーシャンプー」の場合で、白髪染めシャンプーのコストとしては月間3000円程度ということになりますので、ヘアサロンよりは安いけれど、自宅での白髪染め処理よりは高くなってしまうことがわかります。

白髪染めシャンプーのメリット

誤解をしているひともいるのですが、白髪染めシャンプーのメリットは、安価に白髪対策ができることではありません。白髪染めシャンプーのメリットは、自然な若返りがシャンプーするだけで演出できることです。


白髪染めシャンプーは、白髪染めではありませんので、使いはじめてすぐに髪が黒々と染まるというわけではありません。使い始めてから徐々に着色し始めていきますが、「利尻カラーシャンプー」の場合で、約2週間後に色合いが落ち着いてくると説明されています。


すぐには真っ黒く染まらない、徐々に黒々と染まっていくところが逆にとても良いと、ココが白髪染めシャンプーの人気の理由になっています。


今日は白髪まじりの状態なのに、明日に真っ黒になっていたらちょっと不自然ですよね。一定の時間をかけて髪が黒々となっていく、というのは実はとても便利でありがたいことです。


あれ?気が付いたらあのひと若返ってる?というとても自然な若返りがシャンプーするだけで演出できるのですね。このため、白髪染めシャンプーがとても人気を集めているのです。